免許証不要でキャッシング利用は可能か 8月 1, 2017

キャッシングの申し込みをする時に、身分証明書の提示を求められることがあります。身分証明書として一般的にされているのが、運転免許証があります。しかし、運転免許証を取得していないという人や取得していても返納したという人もいるでしょう。そのような場合でも、身分証として運転免許証にかわる物を用意することができれば、免許証不要でキャッシングをすることが出来ます。
身分証明書として挙げられるものとしては、健康保険証やパスポートなどが挙げられます。また、免許証を自主返納をしたという場合には運転経歴証明書が発行されますので、それを身分証明書として提出することも可能です。なお、外国籍の人の場合には、在留カードや特別永住者証明書を提出する必要があります。
いずれにしても、身分証明書の提示なくしてキャッシングを利用することは出来ないと考えられるでしょう。どのような書類を用意したら良いか分からないという場合には、業者に相談すると良いでしょう。

免許証不要でキャッシング利用は可能か へのコメントはまだありません

免許証なしの人がキャッシング申込時に用意すべき書類 7月 31, 2017

キャッシングサービスに申し込む際に必要となるものに本人確認書類とよばれるものがありますが、大抵のキャッシング会社ではこの書類として運転免許証を提示するよう求めてきます。しかし、運転免許が無い人は免許証自体が無いため、提示しようがありません。この場合はどう対処すれば良いのでしょうか。
免許証なしの人は、運転免許証に代わる本人確認書類として、パスポートや健康保険証を利用することが可能です。パスポートは外国に行く機会が無ければ手にすることが無いものですが、健康保険証は公的な社会保険に加入することが義務づけられている以上必ず所持しているはずなので、申し込む前に探し出しておきましょう。また、キャッシング会社によってはこの他の身分証明書も本人確認書類として利用可能となっている場合があるので、問い合わせて確認しておくと良いです。
なお、外国人がキャッシングの申込をする場合は、本人確認書類とは別に在留カードか特別永住者証明書のいずれかの提示を求められるので、事前に用意しておきましょう。

免許証なしの人がキャッシング申込時に用意すべき書類 へのコメントはまだありません

キャッシング利用時に明細不要にはできるのか 7月 30, 2017

キャッシングに申し込むと、毎月の利用状況が明細書として通知されます。利用者はこれを見れば、借入残高がどれくらい残っているのかや、返済が終わるまであとどれくらいの期間あるのかなどを知ることができますが、他人にキャッシングでお金を借りていることを知られたくない場合、明細書の存在は厄介なものとなります。明細書は、差出人の名義にキャッシング会社の名称は一切用いられませんが、過去に借金をした経験がある人や、勘の良い人だと、明細書が入った封筒を見ただけで気がつくことがあるからです。
明細不要を希望するキャッシングの利用者は多いですが、残念ながら明細不要にする方法はありません。ただし、明細の発行方法を紙からインターネットにすることは可能で、これを使えば他人に知られることなく借りたお金の返済を続けていくことができます。インターネットから明細を見るのは簡単で、金融会社の会員ページにログインして、利用状況を確認できるページを開くだけです。Web上で確認するようにした場合は、こまめにこのページを見る癖をつけておくと、計画的な利用がしやすくなります。

キャッシング利用時に明細不要にはできるのか へのコメントはまだありません

借金まみれの果てに闇金業者に手を付けました 12月 4, 2015

若い頃から、お金に対してルーズな状態で、足りなくなったら
まあ、消費者金融のカードローンを利用してキャッシングすれば
いいやって考えでやってきたんですけどもいつまでもそんな暮らしが続くはずもありません。
いくつかの大手消費者金融から借金をしていて、新規で融資してもらえなくなったときに
どこでもいいから、どっかお金を借りれるところはないだろうかと
藁をもつかむ思いであちこちの中小の消費者金融をあたってみたんですよ。
その中でようやくお金を貸してくれるところが見つかって、最初は単純に喜んでいたんです。
そこが実はちゃんとした正規の貸金業者なんかではなく、いわゆるヤミ金融だと知るまでは。
もちろん、これまでお金を借りたときと若干の雰囲気の違いはありましたが
それまでお金を借りていたのが大手消費者金融ばかりだったので、中小の場合は
こんなものかと、特に深く考えずにお金を借りてしまったのです。
全くもってそれは間違いで、他の正規の消費者金融から借りたお金とは
比べ物にならないくらいの高金利ですぐに返済に窮するようになってしまいました。
滞納してしまうとすぐに執拗な取り立てがはじまり、精神的にもきつくなってきたのですが
なかなか周囲に闇金相談をする勇気がなく、どうにもできなくて状況は悪化するばかりでした。
そんなときに司法書士事務所の広告で、闇金問題初回相談無料というものを
見かけ、救いを求めて、気づいた時にはそこに電話をかけていました。
正直、追いつめられすぎて判断力というものがとてもにぶっていたときだったんですが
これだけは自分をほめてあげたいです。
法律のプロの手にかかれば、素人では手におえないようなきちんとした
闇金対策を整然とやってのけてくれるものです。
自分の家族や友人といった人たちに相談するときと違って、相談したからといって
恥ずかしいという気持ちも薄いのもよかったです。
一旦、思い切って相談してしまえば、あとは問題解決までとても早いです。
私は任意整理という債務整理方法で、借金を解決することができました。
これは借金を自分で楽に返済出来るだけの金額に減額してもらい、
残りを自分で完済するという債務整理方法です。
長くても3年以内には全部完済できるように返済計画を組んで貰えるので
私でも、なんとか滞り無くお金を支払い終えることができました。
とはいえ、減額してもらうために自分にもブラックリストにのったりするなどの
デメリットがありますから、できれば、まともに返済できたらそれにこしたことはないんですけどね。
長年、苦しんできた闇金からの借金問題から開放されて、今ははればれとした気持ちです。
もし、借金問題で困っている人がいたら、こんな私でも解決できたので、
一度、借金相談に行ってみたらどうかと思います。

借金まみれの果てに闇金業者に手を付けました へのコメントはまだありません

多数存在する闇金に関する用語の種類

闇金の用語で一番使用されることが多いのは、利息を示す単位の用語です。例えば、「十一」「十三」「十五」「五一」などが該当します。

まず「十一」とは「といち」のことで10日で1割の利息が付くとし、「十三」はで10日で3割、「十五」は10日で5割、「五一」は5日で1割を意味します。これらの利息は、例えば「十一」であるなら当然、利息制限法の上限を簡単に超えている状態にあるので、それだけで違法となり、他は言うまでもありません。

また複利式に膨れ上がっていき、債務者にとっても雪だるま式に増え続けるので、絶対に返済が困難に陥ります。その他に「090金融」「コーチ屋」という用語もあり、「090金融」は携帯電話だけで営業を行なっている闇金のことを言います。

仮に都合が悪くなったら電話番号を変えていつでも逃げることが出来る様にしています。また「コーチ屋」は、お金を借りたい人に闇金を紹介して手数料を受け取る業者です。

しかも闇金業者内で通用する用語なども存在しております。営業形態が元々、違法でもありますので、その業者内にだけ通用する独特の用語が産み出されて行くのは事実です。

多数存在する闇金に関する用語の種類 へのコメントはまだありません

闇金の実態を把握しよう

グレーゾーン金利の廃止によって闇金は撲滅したと思われていますが、そんなことはまったくありません。
そもそも闇金とは水面下で営業している悪徳業者なので、その実態は正確に把握されていません。
一つ言えることは、大規模な災害が生じると、その地域を中心に利用者が増えることです。
実際、被災者の多く闇金から借りており、そうした地域には悪徳業者が集まる傾向があります。

ほとんどの方は闇金を悪徳業者だと認識して借りています。
今はネットを使えば、簡単にローンの金利を調べられる時代です。
消費者金融や銀行ローンのCMも頻繁に放映されており、金利相場を把握している方は多いでしょう。
それでも闇金から借りてしまう方の実態は、生活費が足りなくて借りるケースが多いのです。
生活苦で消費者金融から借りたいけど、断られて闇金に手を出してしまうケースが多いです。
闇金から借りると一時的にお金は手に入りますが、すぐに返済が迫ってきます。
10日後に利息の支払いを求めてくる業者が多いので、ほとんどの方は返済不能に陥ります。

闇金の実態を把握しよう へのコメントはまだありません

闇金には高金利以外に詐欺もあります

法定金利を、はるかに上回る高金利で取り立てが厳しいのが闇金です。
その違法性は、何度も社会問題になっています。
恐いという、イメージがあります。そのために、普通の場合は利用しません。
しかし、近づくことをしなくても闇金の方から詐欺を仕掛けることはあります。
主に多重債務者に対して、他社で借りることができないので闇金に行くと個人情報を全て聞かれた後に融資を断ることがあります。

知らない間に銀行口座に数万円の振込みがされています。
その後、見知らぬ業者から返金と高金利の利息の請求をされ、自宅まで押しかけることもあります。
これが、押し貸しという詐欺の手口です。
他にも、クレジットカードの現金化などもあります。
これは、指定したブランド品や電化製品を購入させ、品物を買い取るというものですがその買取価格は品物の5割り程度になります。こちらは、まだ法的には罰則はありませんが、クレジットカード利用規約違反になり最悪は、クレジットカードが停止されます。

闇金には高金利以外に詐欺もあります へのコメントはまだありません

買い物依存と借金依存 10月 3, 2015

依存症など自分が止められない状態になってしまうというのはとても怖いものです。
私自身も、以前は買い物依存症になってしまっていまして、本当にひどい状態でした。
やはり、今はネットのせいで、いつでもどこでも買い物ができるという
ことが一番大きいのではないかと思います。
他の依存症でもたとえば、ギャンブル依存症などだと、一応、時間的な
制限があったりして、ここまでにはならないのかもしれません。
結局、多額の借金を背負った多重債務者になってしまい、とても
一人の力では返済することができないほどになり、仕方なく、
自己破産をすることになりました。
しかし、自己破産をしようと決心するまでには当然、様々な葛藤がありました。
そういった債務整理をするにはやはり弁護士や司法書士などの法律の
専門家の力を借りなければいけないと思うのですが、自己破産までする
借金の理由を話すのがどうしても怖くてなかなか勇気を振り絞ることができませんでした。
借金をする人の中には貧困からどうしても生活費が足りなくてだとか
あるいは事業に失敗して致し方なく…といったように世間一般からしてみると
まだ受け入れやすい事情の人もいますけど、そういう人ならまだ
相談する勇気を持ちやすいのではないかなと思います。
完全に自分のせいだと責められるのではないかと怯えていたのです。
しかし、どうにも首が回らないため、相談に行ったのですが、自分が
想像して怖がっていたようなことは何もなく、ただ淡々と、自己破産の
手続きをしてもらえて本当に拍子抜けしました。
後から考えてみれば、そういったプロは毎日のように、借金で困っている
人たちを相手に商売しているのですから、私のような理由で借金を
作ってくるような人もとりたてて珍しい部類に入るようなものでもないんですね。
なので、専門家はただ依頼されたことをさくさくこなしていくだけなんです。
もし、私のように理由を話すのにためらって、相談できず債務整理が
できないという人がいたらその心配はいたって杞憂に終わると伝えたいです。
自己破産をしてしまって、当然、生活にも影響はありますが
それでも、借金返済に悩んで苦しんでいた頃よりずっと毎日の
生活や精神状態は穏やかでいることができます。
クレジットカードを持つことができなくなり、強制的にネットショッピング
依存状態から抜けれることができたのも大きかったと思います。
これからはもう二度と、借金をしないようにして生きていきたいものです。

買い物依存と借金依存 へのコメントはまだありません

今すぐお金がいるってときにどうする?

消費者金融(いわゆるサラ金ですね)からお金を借りるって、
やっぱり、お金にだらしがない人がすることだって思ってたんですよ。
ちゃんとした人だったら、きちんと貯金して、万が一のときに備えているものだって。
それが、最近知り合った人のせいで考えががらりと変わることになったんですね。
すごくきちんとしてる人だっていう印象で、借金とかするイメージがなかったんですけど
その人は若いころに消費者金融のカードローンを利用して、海外留学をしたんだそうです。
若いころっていっても、社会人になってすぐということで、親にはもう
学費なんて出してもらえないし、でも、自分の経験に絶対に役立つから
やるんだったら、若い今のうちしかない!働きながらお金を貯めていたら
この若さを失ってしまうっていうことで大胆にも決行してしまったんだそうです。
彼女自身、「若さゆえの無謀さって怖いよね」と、話していますが、
今はその留学経験を活かしたお仕事をしていますし、決して、そのときに
借金したことは無駄になってないと思うんです。
私自身も、結婚して、子供を産んだ今になって、若い内にもっと勉強しておけばよかったとか
そう思うことも多くって、彼女が羨ましく思います。
よく、消費者金融の広告とかで即日融資とかって、今すぐお金借りることが
できるのをアピールしてたりしますけども、あの「今すぐ」っていうのは
今日お金が必要っていうのが本来の意味なんでしょうけども、彼女が使ったみたいに
若い限られたこの瞬間という意味でもあるのかなぁって思いました。
とはいえ、やっぱり、こういう自己投資みたいな、自分のためになるような
借金の仕方なら意味あるんでしょうけど(奨学金も借金の一種だったりしますしね)
やっぱり、何か欲しいものがあるからとか、お金使いすぎちゃって
生活費に困ったりだとかそういうのはお金にだらしがないっていう印象は変わらないですけどね。
カードローンのキャッシングって、ものすごく簡単にお金を借りれるみたいですし
安易に借りているとどんどん借金額がかさんでいってしまって、
返済ができなくなって、ヤミ金融に手を出したりだとか問題が大きくなってしまって
最終的に自己破産という結果が待ち構えているということを常に意識するべきです。
それを考えると、最初からお金なんて借りようとはなかなか思えなくなるでしょうしね。
前述した彼女の場合みたいな、それを覚悟でそれでも突き進んでいくっていう
案件はなかなかないんじゃないかな??
彼女と同じように留学のためって思っても、実際問題、留学しただけで
終わって、その後に活かせられない人も多いでしょうしね。

今すぐお金がいるってときにどうする? へのコメントはまだありません

カード破産という現実 9月 17, 2015

友達が「クレジットカードで買い物しすぎてやばいことになった」って言ってたんですが、
たしか、以前は「リボ払いだから返済とか楽だし私ちゃんもやればいいのに~」
とかって言ってた子なんですよね。
一応、どういうことかと聞いたら、リボ払いだから毎月の返済は一定ってことで
ガンガン使いまくっていたらとうとう上限額いっぱいにまで使っちゃったらしくって
もう新たに借りれないのに返済しなくちゃいけなくてピンチってことらしいです。
なんていうか、典型的なカードローン地獄のパターンじゃないですかね、これって。
しかし、類は友を呼ぶというかなんといいますか、もう一人、こういうお金のことに
結構ガバガバな子がいるんですが、その子がこの子に
「クレジットカードで借りれないんなら、消費者金融のカードローンで借りればいいじゃん」
とかいってさらに多重債務まっしぐらなオススメをしていてドン引きしました。
まー、私はといえば、なまぬるーく見守ってただけですけど。
だって、ここで「それはまずいよ」なんて言ったら空気読めってなって
険悪になるに決まっていますから…オンナノコノツキアイムズカシイネー。
そんなのと付き合わないで友達とかやめたら?ってかんじですけど、
いかんせん、職場がらみなんで、表面上は仲良しお友達ごっこしなくちゃなのです。
もっとプライベートで付き合うような親しい友だちにはこんなのはさすがにいません。
それにしても、借金で困る人ってなんでその状態にまでなっちゃうのかな~って
思っていたんですが(だって、ちょっと考えればいいことじゃないってわかることですし)
まあ、この友達みたいに脳みそお花畑ってやつなんだろうなぁ。
利息とか、借金返済の仕組みとか深く考えなくて、目先の楽しいこと、
楽なことにホイホイされていっちゃうんでしょうね。
きっと、この子のことだから、もう一人のアドバイス()通りに消費者金融の
カードローンでキャッシングするようになったあげくにやっぱりそっちでも
限度額いっぱいまで使っちゃって、返済どうしようってなるのが目に見えてる…。
そんで、そうなってからもう一人の子が言ったらやったのに酷い!騙された!とか言うんだろうな。
全く、これがきちんと就職した社会人のすることなのかって思うとクラクラしちゃいますよねぇ。
まあ、そうなって喚きだしたら、同僚のよしみで、法律事務所の存在くらいは
教えてやろうかなって思っています。
素直に債務整理とかしそうにもないですけど。

カード破産という現実 へのコメントはまだありません